1. ホーム
  2. 認知症
  3. ≫認知症予防に向いている油とは?オメガ3系・αリノレン酸など

認知症予防に向いている油とは?オメガ3系・αリノレン酸など


毎日の食事で認知症予防をしたい方におすすめの油をまとめました。

役立つ油は、オメガ3系の油、αリノレン酸などを含んでいる油です。

魚油


動脈硬化防止に効果のあるDHA、EPAを多く含んでいます。

これらはオメガ3系の油と言われ、血管状態を改善する働きがあるので、薬にもなっている成分です。

血管の状態を良くすることは、脳の老化防止につながります。

酸化しやすい成分ですので、魚から摂取する場合には必ず新鮮なものを食べるようにしてください。

サプリメントとして摂取する場合にも同様です。

サプリメントは長期保存を前提とするので、酸化防止の手段がきちんとされているものを選んでください。

どんなに体に良くても、酸化してしまっては毒です。

サプリメントそのものの酸化防止をきちんと考えられているサプリメントは、「きなり」というサプリメントです。

酸化防止のほかにも、体が消化吸収しやすいように考えられたクリルオイルを使用しているので、効率的に有効成分が摂取できます。

DHA・EPA(オメガ3)の入った「きなり」サプリの効果と口コミ・評判

亜麻仁油


DHAやEPAと同じ、オメガ3系の油です。

フラックスシードオイルという名前で売っていることもあります。

血管を若く保つ働きが期待できるので、動脈硬化を予防し、認知症を予防する効果があると考えられています。

亜麻仁油は亜麻という植物から抽出された油で、認知症予防のほかにも、美肌効果やアレルギーの改善などをする働きが期待されています。

酸化しやすいので、温度が高すぎず、日の当たらないところに保管する必要があります。

封を切ったら早めに使い切らないと、空気に触れたところから酸化していきます。

加熱によって壊れやすいので、サラダなどにかけるなどの生での使用がおすすめです。

おすすめの使用法としては、小瓶で購入して毎日スプーンで飲むなどの方法が一番コンスタントに摂り続けられる方法です。

残念ながら有効成分が摂取しやすい調理方法が「生で食べる」という一種類しかないので、毎日サラダを食べない限り、調理に取り入れるのは難しいかもしれません。

亜麻仁油の効果とおすすめサプリメント4種

えごま油、シソ油


亜麻仁油と同じく、オメガ3系の油です。

エゴマからとっても「えごま油」「シソ油」と名前が付けられることがあり、明確な分け方としては確立していません。

動脈硬化を予防する働きがあり、認知症予防にも役立つと考えられます。

亜麻仁油と同じく、加熱調理には向かず、酸化しやすいため保管方法にも気を使う必要があります。

えごま油の効能とサプリメント

オリーブオイル


αリノレン酸が含まれている油です。

オリーブオイルにはいくつか種類がありますが、エクストラバージンオイルに一番多く含まれています。

エクストラバージンオイルは、加熱調理よりもむしろ生での調理が向いています。

αリノレン酸以外にも、オリーブオイルにはオレオカンタールという成分が入っています。

この成分が認知症予防にたいへん効果的であるという説もあり、今注目を集めています。

オレオカンタールには、アミロイドβというたんぱく質が増えるのを防ぐ働きがあることがわかっています。

アミロイドβが脳に蓄積していくと、神経細胞が死んでいきます。

この蓄積がアルツハイマー型認知症の主な原因であることが近年わかってきています。

そのため、アミロイドβの増加そのものを防いでくれる有効成分があることはオリーブオイルの大きな特徴です。

脳の細胞の老化を防ぐ抗酸化物質である「ビタミンE」も豊富に含まれている油です。


ココナッツオイル


アルツハイマー型の認知症の症状を改善する働きがあるとして、近年注目されているオイルです。

一度発症したら治ることはないといわれている「アルツハイマー型認知症」が改善した例があるとして話題になりました。

まだ日本での実験は行われていないのですが、アルツハイマーになって神経細胞に栄養が行かなくなった状態のとき、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が肝臓で分解されたときにできるケトン体が脳の神経細胞の栄養となることができる、と言われています。

中鎖脂肪酸はココナッツオイルだけでなく、パームオイル、牛乳などに多く含まれています。