1. ホーム
  2. 中性脂肪
  3. ≫中性脂肪を下げるDHA・EPAサプリメントおすすめは?

中性脂肪を下げるDHA・EPAサプリメントおすすめは?


中性脂肪を下げるためにDHA、EPAをサプリメントとして選ぼうとするも、決め手がなくて困ったことはありませんか?

DHAとEPAのサプリメントを選ぶときに注目したい一番のおすすめとして、「サプリメントに対しての酸化対策はされているか」があります。

中性脂肪を下げるメカニズムを理解して、酸化に対してきちんと対策されているサプリメントを選びましょう!

DHA、EPAが中性脂肪を下げるメカニズム


肝臓に働きかけて中性脂肪を減らすDHA


中性脂肪は肝臓で作られます。

糖や脂肪から肝臓で中性脂肪が作られ、そして血液中に放出されて中性脂肪になります。

DHAには、肝臓での中性脂肪の合成を防ぐ効果があります。

また、作られた中性脂肪を血液中に放出させるのを防ぐ効果もあります。

中性脂肪は血管の壁にたまって、血管を厚くさせます。

その部分で炎症が起きてしまうこともあり、その炎症を治すために、血管壁が盛り上がって固くなってしまうこともあります。

これらの現象が「動脈硬化」です。

血小板に働きかけて血栓を防ぐEPA


中性脂肪やコレステロールがたくさん含まれている血液は、状態の悪い血液です。

中性脂肪もコレステロールも水に溶けないため、血液はどろどろとした流れにくい血液になってしまいます。

血液の中には赤血球や血小板が含まれています。

大きめの赤血球や血小板が固まったものを血栓と言います。

血栓は、中性脂肪やコレステロールが多い血液ほどたくさんできてしまう危険性があります。

EPAは血小板が凝固して血栓になるのを防ぐ働きがあります。

また、DHAには赤血球などの血液中の細胞を柔軟に保つ働きがあります。

赤血球は血液の中で一番大きな細胞なのですが、血液がどろどろとした状態が続くと、もともと柔らかい赤血球でも固くなってしまうという特質を持っています。

固くなり、狭くなった血管に血栓が詰まってしまうと、その先に血液が行かなくなります。

血圧が高い場合は、血栓で押しとどめられた血管に高い血圧で血液が流れ込むことにより、血管破裂の可能性があります。

これが脳で起こると脳卒中となります。

血圧がそれほど高くなかった場合でも、詰まった先の部分に酸素と栄養分がいきわたらなくなるので、その部分の細胞が死んでしまうということが起こります。

心筋梗塞、脳梗塞などがこれに当たります。

最悪の場合、命を落とします。

これらの重大な疾患を防ぐために、DHAとEPAはセットでつかわれることが多いのです。

合わせて摂ると、効率よく生活習慣病や動脈硬化などの困った事態になることを防いでくれるからです。

バランスよく摂ることが大切なDHAとEPAを効率よく摂れるサプリメントを集めました。


吸収・抗酸化が優れているサプリメント


さくらの森 きなり



きなり初回限定モニター価格1,980円はこちら。

DHAとEPAは、優れた栄養素なのですがとにかく酸化しやすいという弱点があります。

サプリメントとして製品化されても、酸化しやすいことに変わりはありません。

サプリメントの形(カプセル、錠剤)を見ると、薬のような形態をしているため、長期間の保存も大丈夫と思う方がいますが、サプリメントは時間が経てば劣化します。

DHA、EPAはその中でも特に劣化しやすい栄養素なのです。

それに対抗するために、いかに「抗酸化」に気を付けるかがDHA・EPAサプリメントの品質を決めることになるといっても言い過ぎではありません。

表示されている量はあくまで製造時の量です。

劣化していけば有効成分の量は減っていきます。

サプリメント自体の抗酸化を

『魚油ではなく、オキアミ由来のクリルオイルを使う』

ということで予防しているのが「きなり」です。

クリルオイルが添加物として使われているサプリメントは他にもありますが、クリルオイルそのもののDHA・EPAを摂りいれるためのサプリメントは「きなり」だけです。

クリルオイルは鮭などに含まれる赤い色素のアスタキサンチンを豊富に含む、オレンジ色の油です。

アスタキサンチンは高い抗酸化力を持つため、サプリメントに使われているオイル自体の酸化を防ぎます。

アスタキサンチンは、ビタミンCの6000倍の抗酸化力を持ちます。

高い抗酸化力で関節の老化も防ぐといわれている「コエンザイムQ10」のさらに790倍もの抗酸化力を持っているのです。

また、クリルオイルの長所として「水に溶ける」ということが挙げられます。

一般的にDHA・EPAというとイワシやサンマのような青魚から摂取するイメージが高いのですが、これらの青魚の油はすべて水に溶けません。

水に溶けないということは、そのまま胃から小腸に運ばれ、そこで時間をかけて分解・消化されなければなりません。

クリルオイルは水に溶ける油なので、口の中でもうすでに消化液となじみます。

小腸に入ってから早い段階で消化することができるため、吸収されて体内で働くまでの時間が短いのです。

早く吸収されるということは、それだけ早く体に働きかけることができるということでもあり、油溶性のものよりも吸収に負担がかからないということでもあります。

酸化を防ぎ、吸収されやすいということにかけて、今現在発売されているDHA、EPAのサプリメントの中できなり以上のものは見つけられませんでいた。

EPAの10倍の働きをすると言われている新成分「DPA」も配合され、サラサラパワーも他サプリに引けを取りません。

特にサプリメントは新鮮なものでなければ、と考えている意識の高い方にもおすすめです。

1日のDHA・EPA摂取推奨量は1000㎎ですが、DHA・EPAは食物から摂取するのが望ましいとされているのでサプリメントからの摂取推奨量は500㎎です。

きなりに含まれているDHA・EPA&DPAの量は、1日分で500㎎になっています。

オレンジ風味の香りに加工してありますので、魚臭いのが苦手な方でも心地よく飲めます。

ゲップが出ても魚臭さは上がってこず、オレンジ風味のゲップが出ます。


カプセルと添加物に工夫のあるサプリメント


美健知箋EPA&DHA



定期便・初回限定1,000円!美健知箋EPA&DHAはこちら。

美健知箋EPA&DHAは、シームレスカプセルによってカプセルのつなぎ目を無くし、ビタミンEを添加することによって抗酸化対策をしているサプリメントです。

吸収のしやすさにも気を使い、カプセル自体がお腹の中で溶ける速さは従来品の2倍の速さになっています。

体内に吸収されるまでの速さについては、データが見つかりませんでした。

オイルは油溶性のものです。

1日量としては、EPAが200㎎、DHAが550㎎、合わせて750㎎が摂取できます。

1日に摂取するのが望ましいといわれている1,000㎎の4分の3が摂取できます。

飲みやすい小ささのシームレスカプセルは、つなぎ目がないため破れたりしにくく、中に空気等も入る心配がないため中身が酸素に触れて劣化することを防ぎます。

かなり小さいので、通常のカプセル型のものを飲むのが苦手、という人にも飲みやすい形状です。

ビタミンEも抗酸化力の高いビタミンですが、こちらは体への抗酸化力を期待するというよりも、サプリメントそのものの抗酸化力を期待するという意味合いで配合されているようです。

1日分がアルミパックで個包装されているために持ち運びもしやすく、品質もより長く安定することが期待されています。


さまざまな原料からDHA・EPAを摂取できるサプリメント


みやび DHA&EPAオメガプラス



みやびのDHA&EPAオメガプラスの公式ページはこちら。

みやび- DHA&EPAオメガプラスは、青魚から取れるDHA、EPAに加えて次のようなものを配合しています。

  • 亜麻仁油
  • オリーブスクワレン
  • 鮫肝油スクワレン
  • アスタキサンチン
  • クリルオイル

このうち、アスタキサンチンとクリルオイルはDHAとEPAの酸化を防ぐために配合されています。

1日量にDHAは364.5㎎、EPAが127.5㎎、合計485㎎含まれています。

亜麻仁油には、α-リノレン酸を豊富に含んでいる油です。

亜麻仁油は、α-リノレン酸をオリーブオイルの50倍以上含みます。

α-リノレン酸はオメガ3系の油の分類され、DHAとEPAと同じ種類の油です。

不足すると脳や神経、皮膚などに影響が表れます。

体内に入るとDHA・EPAに変換され、血栓が作られるのを防ぎ、血圧を下げ、アレルギーを抑制するなどの効果が期待される成分です。

α-リノレン酸は人間の体内では合成することができません。

非常に酸化しやすい油なので、取り扱いには注意が必要です。

アスタキサンチンとクリルオイルは、α-リノレン酸や青魚由来のDHA・EPAの酸化を防ぐ目的で添加されている成分です。

クリルオイルは体内での吸収にも優れていますので、クリルオイルなしのサプリメントよりも早い吸収が期待されます。

放射能検査、水銀検査も定期的に行われている信頼性の高いサプリメントです。

1日の推奨量は6粒ですが、そんなに不安のない方は1日4粒から大丈夫とされているため、お値段と相談して自分の摂取したい量を摂れるという点で優れています。