1. ホーム
  2. 中性脂肪
  3. ≫中性脂肪を下げる薬の副作用

中性脂肪を下げる薬の副作用


高脂血症に使われる薬は2種類あります。コレステロールを下げるものと中性脂肪を下げるものです。

ここでは中性脂肪を下げる薬の副作用について説明します。


フィブラート系の薬は筋肉障害の副作用


フィブラート系の薬ってどんな薬?


フェノフィブラート、ベザフィブラート、クリノフィブラート、クロフィブラートがあります。

薬の名前としては、ベザトールSR、リパンチルなどが挙げられます。

肝臓で中性脂肪が合成されるのを抑えます。

また、中性脂肪を分解する酵素の働きを助ける効果もあるので、中性脂肪を減らす働きがあります。

フィブラート系の薬のほとんどはコレステロールにも影響を与え、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やし、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減らす働きがあります。

中性脂肪値を2割から4割下げ、総コレステロール値を1割程度減少させるという薬です。

確かな効果は動脈硬化の抑制にも認められており、一般的に中性脂肪を下げるのに使われている薬です。

フィブラート系の薬の副作用


横紋筋融解症という副作用があります。

筋肉痛のような手足のしびれや痛みなどが初期症状として挙げられます。

この副作用を防ぐために定期的に筋肉を含めた定期検査を行う必要があります。

妙な脱力感や原因不明の筋肉痛、尿が赤くなるなどの症状が出た場合には医師にすぐ報告してください。

肝臓に作用する薬なので、飲み始めると一時的に肝臓の血液検査の結果が思わしくなくなることがあります。

こちらの副作用は、服用を続けて肝臓が代謝に慣れてくると軽減するといわれています。


ニコチン酸系の薬はほてり、動悸などの副作用


ニコチン酸系の薬ってどんな薬?


ニコモールやニセリトロール、トコフェロールニコチン酸エステルなどが挙げられます。ビタミン剤の一種です。

肝臓で中性脂肪が作られる働きを抑える効果があります。

コレステロールにも関与し、HDLコレステロールを増やし、LDLコレステロールを減らす働きがあります。

ニコチン酸系の薬の副作用


体温が上昇する、火照りを感じるなどの副作用があります。

皮ふがかさかさになり、かゆみを感じるなどの副作用もわずかですがあります。

血糖値も上がりやすくなるため、糖尿病や糖尿病予備軍の方は服用できないことがあります。


EPA薬では出血に注意


EPA薬ってどんな薬?


エパデールがEPAを使用している薬です。

青魚の魚油に含まれるEPA(不飽和脂肪酸)を使った薬で、血液の流れを良くして血栓が作られるのを防ぎます。

中性脂肪を下げる効果があります。

EPA薬の副作用


まれに皮下出血が起きるなどの副作用があります。

血液がサラサラになる薬なのですが、同時に血小板凝固が起きにくくなるため、出血した時の止血に影響が出ることがありますので、ケガをしやすい仕事をしている方は注意が必要です。

また、重篤な副作用として肝機能障害や黄疸などが挙げられます。

発疹や貧血、胸やけなどが初期症状ですので、このような症状が起きたらすぐに医師に相談してください。


副作用が出てしまったら


薬には副作用が必ずあります。そのため、薬の副作用は薬をやめれば治ります。

副作用が出てしまった場合は、一般的には薬を変えることによって対処します。

ですが、体の各臓器の状況や持病などによって、薬を変えたくても変えられない場合がまれにですがあります。

そのため、できるだけ薬の量を増やさないで済むよう、あるいは短期間で中性脂肪を減らせるよう、医師に指示された運動療法と食事療法はきちんと守ってください。

中性脂肪が増えるのは、悪い生活習慣の蓄積によるものです。

生活習慣を直さないと、薬だけで体を治すのは困難です。

副作用を心配せず集中して治療し、早く薬を卒業できるようにしてください。